×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

前編 細胞障害性抗がん剤

第1章 〜序文〜
細胞障害性抗がん剤は長い歴史を持つ一方で、現在医療現場で使われている抗がん剤のうちほとんどを占め、特に近年の抗がん剤の使用法に関する高度な知見の積み重ねによりその重要性は増すばかりである。
最近は異なる種類の抗がん剤を組み合わせたカクテル療法などが注目されているが、これらの療法も多くの場合は細胞障害性抗がん剤の組み合わせが基本となっている。
ここでは細胞障害性抗がん剤について理解するために、まずがん発生のメカニズムを解説してから細胞障害性抗がん剤の作用について述べてゆく事にする。

不老不死への科学